組合財産の分別管理、議案の要領とは?

組合財産の分別管理とは?@

適正化法では、マンションの管理業者は、

 

管理組合から委託を受けて管理する、
修繕積立金その他国土交通省令で定める財産については、

 

整然と管理する方法として、国土交通省令で定める方法によって、
自己の固有財産および他の管理組合の財産と分別して
管理しなければならないとしています。

組合財産の分別管理とは?A

この場合、
管理組合から委託を受けた財産の範囲というのは、

 

修繕積立金のほか、管理組合
またはマンションの区分所有者等から受領した管理費用のことです。

 

なお、管理費用については、分別管理の例外として、
次のような方法などが認められている点には注意が必要です。

 

■支払一任代行方式
■収納代行方式

議案の要領とは?

管理組合の集会の召集の通知というのは、
会日より少なくとも
1週間前に会議の目的たる事項を示して、
各区分所有者に発する必要があります。

 

ちなみに、マンション標準管理規約では2週間前とされています。

 

また、議題が特別決議事項とされる、次の各事項に該当する場合には、
議案の要領※をも示す必要があります。

 

■規約の設定、変更、廃止

 

■共用部分の変更
形状・効用の著しい変更を伴わないものを除きます。

 

■建替え

 

■建物の大規模滅失の場合における復旧

 

■団地内の区分所有建物につき団地規約を規定することについての各棟の承認と、
団地建物の一括建替え承認決議

 

※議案を要約したもので、各区分所有者があらかじめその内容について
熟慮・検討したうえで、議決権を行使できるように概略をまとめたものです。

 

スポンサーリンク