マイホーム取得時の不動産取得税は?

不動産取得税とは?

不動産取得税というのは、次のような取引によって
不動産を取得したときに課税される都道府県税のことです。

 

■マンション・一戸建ての購入
■住宅の新築・増改築
■贈与

不動産取得税の納め方は?

通常は取得した不動産を登記すると、
しばらく経ってから納税通知書が送付されてきますので、
それに従い銀行振替などで納付します。

 

なお、登記をしなくても納税はしなければなりません。

不動産取得税の税額は?

不動産取得税の税額は、
不動産の評価額(課税標準額)の4%ですが、

 

平成20年3月31日までに取得した住宅の建物と土地については
4分の3に軽減されますので実質的には3%となり、

 

さらに一定の条件に該当する住宅の場合には、
特例によって税金が安くなります。

 

具体的には以下のようになっています。

 

<不動産取得税の税額>

 

住宅の種類 本来の税額 軽減税額
新築住宅
(増改築を含む)
土地 評価額×1/2×税率3%
本来の税額から以下のうち多いほうが控除されます。
■150万円×税率3%=45,000円
■1u当たりの評価額×建物延べ床面積の2倍(200uが限度)×3%
建物 評価額×税率3%
(建物評価額−控除額1,200万円)×税率3%
※平成21年3月31日までに取得した土地・建物
中古住宅 土地 評価額×1/2×税率3% 新築住宅の土地と同じです。
建物 評価額×税率3%
(建物評価額−下記の控除額)×税率3%
控除額は建物の建設時期に応じて下記のように決められています。
■1976年4月1日〜1981年6月30日
⇒ 控除額350万円
■1981年7月1日〜1985年6月30日
⇒ 控除額420万円
■1985年7月1日〜1989年3月31日
⇒ 控除額450万円
■1989年4月1日〜1997年3月31日
⇒ 控除額1,000万円
■1997年4月1日以降
⇒ 控除額1,200万円
※平成18年3月31日までに取得した土地・建物

 

スポンサーリンク