保証債務とは?/権利関係、求償権...

保証債務とは?

保証債務というのは、
Aに債務を負うB(主たる債務者)が、その債務を履行しないときに、
保証人Cが履行の責任を負う債務のことをいいます。

 

保証債務は、AとCとの契約で成立しますが、
BがCを代理してAと契約することが多いです。

保証債務の種類は?

保証債務には、次のようなものがあります。

 

■個人の金銭借入れや賃貸借
■中小企業金融における会社代表者の個人保証
■信用保証協会の保証...など

保証債務の権利関係は?

保証債務には、
物上保証のような責任財産の限定はありません。

 

また、普通の保証ですと、次の権利は認められますが、
連帯保証では認められません。

 

■催告の抗弁権
■検索の抗弁権

保証債務の求償権は?

CがBのためにAに弁済したときには、Bに求償権を有しますが、
その行使方法については、
CがBから頼まれて保証した場合と、そうでない場合とでは異なります。

 

なお、CはまたAに代位して、Bに対するAの権利を行使できます。

 

スポンサーリンク