投資法人制度、投資法人債とは?

投資法人制度とは?

投資法人制度というのは、
投資家から集めた資金を
主として不動産に投資する不動産投資信託に関して、
投信法が規定する制度のことをいいます。

 

投資法人制度は、会社型投資信託とも呼ばれています。

投資法人制度の仕組みは?

投資法人制度は、
投資者が資産運用を目的として設立された社団である
「投資法人」に出資した金銭を、

 

投資法人から委託を受けた投資信託委託業者が、
主に不動産等の特定資産に対する投資として運用する制度です。

投資法人債とは?

投資法人債というのは、
資産運用を目的として設立された投資法人の資金調達の一手段で、
株式会社における社債に相当するものです。

 

スポンサーリンク

投資法人債の募集は?

上場Jリートのような、
投資主の請求により投資口の払戻しを行わない、
クローズエンド型投資法人に限り、

 

投資法人規約に定めた額を限度として、
役員会の承認を経て募集することができます。

投資法人債を募集するには?

投資法人債を募集する場合には、
投資法人債管理会社を定めて、
債権者のための弁済受領や債権保全などの
債権管理を委託しなければなりません。

 

ただし、各投資法人債の金額が
1億円以上である場合にはこの限りではありません。

 

なお、この但書は、
一定以上の大口投資家を保護の対象から除外し、
投資家保護の規制を緩和したものです。

 

スポンサーリンク