投資信託制度とは?/情報開示規制...

投資信託制度とは?

投資信託制度というのは、
投資家から集めた資金を
主として不動産に投資する不動産投資信託に関して、
投信法が規定する制度のことをいいます。

 

ちなみに、投資信託制度は、
契約型投資信託とも呼ばれていています。

投資信託制度の種類は?

投資信託制度は、次の2種類に分類されます。

 

■委託者指図型投資信託
委託者指図型投資信託は、投資信託委託業者の指図に基づいて、信託財産を
不動産等の特定資産に対する投資として受託者が運用する制度です。

 

■委託者非指図型投資信託
委託者非指図型投資信託は、複数の委託者との間に結ぶ信託契約により受け入れた金銭を、
委託者の指図に基づかずに、受託者が不動産等の特定資産に対する投資として運用する制度です。

投資信託の情報開示規制とは?

投資信託の情報開示規制というのは、
投資信託※の購入者の保護を図るために、

 

投資信託(投資法人を含みます)の状況等の情報を、
投資家等に開示することを義務づけた法令や自主規制のことをいいます。

 

※投資法人の投資証券を含みます。

 

スポンサーリンク

投資信託の情報開示規制に関する法令上の制限は?

投資信託の情報開示規制に関する法令上の制限には、
次のようなものがあります。

 

■受益者、投資主に対する資産運用報告書等の交付
■投資を検討している投資家に対する会社の経理状況や事業内容等の事項の開示...など

 

また、これらの法令による規制のほかにも、次のような規制があります。

 

■社団法人投資信託協会が策定した自主規制
■証券取引所が定める上場時の適時開示基準...など

 

スポンサーリンク