投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)とは?/投資信託協会の自主規制とは?

投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)とは?

投資信託及び投資法人に関する法律は、
昭和26年に制定された法律で、

 

一般的には、
略して投信法ということが多いです。

投信法の目的は?

投信法の目的は、
投資信託や投資法人を用いて、

 

投資者以外の者が、
投資者の資金を主として有価証券等に対する投資として集合して運用し、

 

その成果を投資者に分配する制度として、
投資者による有価証券等に対する投資を容易にすることにあります。

投信法とJリートについて

平成12年に
「証券投資信託及び証券投資法人に関する法律」
の改正が行われたことによって、現行の
「投資信託及び投資法人に関する法律」
という法律名称に変更されました。

 

これにより、それまでは、主として有価証券とされていた
投資信託の運用対象(特定資産)が、不動産等にも拡大され、
不動産投資信託(Jリート)の組成が可能となりました。

 

スポンサーリンク

投資信託協会の自主規制とは?

投資信託協会の自主規制というのは、
社団法人投資信託協会(投信協会)が定めた、
不動産投資信託に関する自主規制のことをいいます。

投資信託協会の自主規制の内容は?

不動産投資信託の解禁に伴い策定された
投資信託協会の自主規制では、
次のようなことを規定しています。

 

■用語定義などの基本事項
■不動産投資法人の運用に関する事項
■ディスクロージャーに関する事項としての資産運用報告書等の記載事項...など

具体的な投資信託協会の自主規制は?

具体的な投資信託協会の自主規制としては、次のようなものがあります。

 

■不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則
■不動産投資信託及び不動産投資法人に関する事項
■不動産投資信託及び不動産投資法人のディスクロージャーに関する事項

 

スポンサーリンク