造作買取請求権とは?

造作買取請求権とは?

造作買取請求権というのは、
借家人が、賃貸人の同意を得て建物に付加した造作を、

 

賃貸借終了の際に、
賃貸人に買い取るように請求できる権利のことをいいます。

造作とは?

造作というのは、賃借人の所有に属し、
かつ、建物の使用に客観的に便益を与えるもののことをいいます。

 

例えば、次のようなもので、いったん取り付けると、
取り外す際に相当価値が下がるものなどです。

 

■大型の埋め込み式空調設備
■雨戸

造作買取請求権の法改正とは?

旧借家法では、
賃貸人が取付けに同意した造作については、
借家契約終了時に
賃貸人が買い取らなければならないとされていました。

 

しかしながら、現行の借地借家法では、
特約により賃貸人は取付けに同意しても
買い取らなくてもよいとする任意規定に改正されています。

 

この改正については、
新法の施行前に成立した借家関係においても適用されますので、
新法施行後において
賃貸人が買取りをしない旨の特約をすることができます。

判例上は?

借家人は、造作買取請求権の権利行使により、
時価相当額を請求することができますが、

 

判例では、
その支払いがなくても建物の明渡しを拒めないとされています。

 

ちなみに、賃借人の債務不履行による契約解除のときには、
造作買取請求権は行使できないとされています。

 

スポンサーリンク