集成材構造、反りとは?

集成材構造とは?

集成材構造というのは、
構造用集成材により構築される構造方法のことをいいます。

 

以下、集成材について、
より具体的にみていきたいと思います。

集成材とは?

集成材というのは、ラミナと呼ばれる挽板(ひきいた)を、
繊維方向をそろえて組み合わせ、
合成樹脂接着剤で積層接着して製造される木質材料のことです。

 

集成材は、その使用目的によって、次のように分かれます。

 

■構造用集成材
■造作用集成材

集成材の特徴は?

集成材によって、天然では得にくい大断面で、
長尺の材が得られます。

 

また、湾曲材も容易に製造できるので、
体育館、美術館、スポーツ練習場等をアーチ等による
大スパン構造として建築するのに適した構造方法といえます。

反りとは?

反りというのは、
材料の材質に異方性がある場合に、
熱や湿分、水分の増減によって、
材料の方向の違いによる寸法の変化の差が生じて現れるものです。

 

板材や角材などの反りには、
幅反りと縦反り(弓反り)がありますが、
片方の場合もあり、両方現れる場合もあります。

 

なお、反りによって、
材料相互の密着接合性が劣り、納まりが悪くなります。

 

スポンサーリンク