定期借地権等の借地契約の存続期間は?/借地借家法とは?

定期借地権等の借地契約の存続期間は?

定期借地権等の特殊な借地契約の存続期間は、
次のようにしなければならないことになっています。

 

■一般定期借地権 ⇒ 50年以上
■建物譲渡特約付借地権 ⇒ 30年以上
■事業用借地権 ⇒ 10年以上20年以下

一時使用目的の借地権は?

一時使用目的の借地権は、
当事者が使用目的に従った期間を定めることとされています。

借地借家法施行前に設定されたものは?

借地借家法施行前に設定された
借地契約を更新する場合の存続期間は、
なお従前の借地法の例によることとされています。

借地借家法とは?

借地借家法というのは、
借地法、建物保護ニ関スル法律、借家法を廃止して、
平成4年に施行された法律のことです。

 

スポンサーリンク

借地借家法の内容は?

借地借家法では、従前の法律に対して、
借地、借家の関係を活性化するために、
次のような新しいタイプの借地権を作っています。

 

■定期借地権
■事業用借地権
■建物譲渡特約付借地権

 

また、存続期間についても、
それまでの建物の堅固、非堅固による区別を、
一律30年とし、
最初の更新を20年、次回更新から10年としました。

借家契約は?

借家契約においては、
期限付建物賃貸借が改正されて、
定期建物賃貸借の制度が導入されました。

 

スポンサーリンク