借地権価額、借地権課税とは?

借地権価額とは?

借地権価額というのは、更地としての価額に、
借地権割合を乗じて算出した価額のことをいいます。

 

ちなみに、借地権取引の成熟している地域では、
更地としての価額に、標準的借地権割合を乗じた金額を基にして
取引されることが一般化しています。

鑑定評価における借地権価額は?

鑑定評価においても、標準的借地権価額に、
次のような個別的要因を考慮して評価額を求めています。

 

■建物が堅固かどうか
■地代
■借地権の残存期間
■その他

借地権課税とは?

借地権課税というのは、
他の者に土地を使用させるために借地権を設定する際に、

 

その土地価額の2分の1を超える権利金等が授受される場合には、
譲渡による所得があったものとみなして、
譲渡所得の課税対象になることをいいます。

 

これ以外にも、次のようなものに借地権課税がされます。

 

■土地の使用貸借契約において、固定資産税等と超える額の受払いがあると
借地権の設定とみなされます。

 

■法人にあっては、無償返還届出のないときは、借地権が設定されたものとして
認定されます。

 

なお、相当の地代を支払う場合は、無償返還の届出か、
路線価による相当の地代の届出をしておくことによって、
借地権の認定課税を避けることもできます。

 

スポンサーリンク