仲介手数料の金額は?

仲介手数料とは?

仲介会社を通じてマイホームを購入する場合には
仲介手数料がかかります。

 

これはマイホームを売るときも同様で、
仲介会社に依頼する際には必ずかかるものです。

仲介手数料というのは決まっているのですか?

不動産会社に支払う仲介手数料というのは、
宅建業法で
その最高限度額が決められていますので、

 

不動産会社は
これを超えて受け取ることは禁じられています。

 

なので、この上限以下であれば
いくらでもよいということになります。

 

ただし、仲介手数料にかかる消費税相当分については
この上限を超えてもよいことになっています。

 

ちなみに、仲介手数料というのはあくまでも成功報酬ですから、
売買契約がまとまらなかったときには支払う必要はありません。

仲介手数料の上限額は?

一般的に、仲介手数料は
次のような簡易計算式で算出されます。

 

⇒ 取引価格×3%+6万円+消費税

 

ちなみに、正式には次の方法になります。

 

■取引価格が200万円以下の部分 ⇒ 5%
■取引価格が200万円超400万円以下の部分 ⇒ 4%
■取引価格が400万円超の部分 ⇒ 3%

 

具体的には、たとえば取引価格が4,000万円だったとすると、
以下のように仲介手数料の上限は126万円になります。

 

⇒ 200万円×5%+200万円×4%+3,600万円×3%=126万円

 

なお、これを簡易計算式にあてはめても同じ金額になります。

 

⇒ 4,000万円×3%+6万円=126万円

 

もし、不動産会社とこの仲介手数料で合意したとすると、
これに消費税相当分5%が上乗せされますので、
126万円+126万円×5%=132万3千円
を支払うことになります。

 

スポンサーリンク