都市計画税の納め方は?

都市計画税とは?

都市計画税というのは、
都市計画法で定められた市街化区域内などに
住宅を保有している場合に、
毎年1月1日時点の所有者に対してかかる市町村税です。

 

課税標準は、固定資産課税台帳に記載されている評価額です。

都市計画税の納付方法は?

都市計画税の納付方法は固定資産税と同じです。

 

固定資産税の納税通知書に
都市計画税の納税額も記載されていますので、
合わせて納付することになります。

都市計画税の税額は?

都市計画税の税額は、
評価額に0.3%の税率で計算されます。

 

ただし、市町村によっては
これよりも低い税率の場合もあります。

 

具体的な税額は以下のようになっています。

 

本来の税額 軽減税額
土地 評価額×税率0.3%
※最高税率であり、市町村によって異なります。
●住宅用地の200uまでの部分(小規模宅地)
評価額×1/3×税率
●住宅用地の200u超の部分(一般住宅用地)
評価額×2/3×税率
建物
原則として軽減措置はありません。
※ただし、市町村によって異なります。

都市計画税の軽減措置は?

都市計画税では、
土地については固定資産税と同様に、
軽減措置や負担調整措置がとられていますが、
建物については軽減措置はありません。

 

土地の軽減措置を受けるための条件には、
1月1日現在で建物が建っている土地であることといったものがあります。

 

スポンサーリンク