固定資産税の納め方は?

固定資産税とは?

固定資産税というのは、
住まいを持っているときにかかる市町村税です。

 

不動産取得税や登録免許税が
不動産を取得したときに一度だけしか課税されないのに対して、

 

固定資産税は
毎年1月1日現在の登記簿上の所有者に対して課税されます。

 

つまり、不動産を保有している限り毎年かかる税金ということです。

固定資産税の納付の仕方は?

固定資産税は、
通常は郵送される課税通知書に従い年4回
(4月、7月、12月、2月)に分けて納税します。

 

なお、1回で全納することも可能です。

 

また、市町村によっては、
特別の事情がある場合には
これとは異なる納期を定めてもよいことになっています。

固定資産税の税額は?

固定資産税の税額は、
土地・建物ともに課税標準額(固定資産税評価額)
に対して通常1.4%の税率を掛けて計算されます。

 

ただし、税率については、
最高限度2.1%まで認められていますので、

 

各市町村によっては
1.4%よりも高かったり低かったりするケースもあります。

 

また、一定の条件を満たしている住宅の場合には、
税額が半分に軽減されるなどの軽減措置があります。

 

スポンサーリンク