銀行で住宅ローンを組むには?

銀行で住宅ローンを組むにはどうしたらよいですか?

銀行の融資は、
一般のサラリーマンから自営業者まで多くの人が利用できますが、
融資を受けるための主な資格は、次のようになっています。

 

■継続して安定した収入があること。
■申込年齢が満20歳以上65〜70歳以下であること。
■団体信用生命保険に加入できること...etc

銀行融資の特徴は?

銀行融資の特徴は次のようなものです。

 

■住宅に対する制限が少ない。

 

■融資額は、申込人の返済能力や購入する住宅の担保価値によって異なります。

 

■返済期間は、通常35年までで、返済終了時の年齢制限があります。

 

■融資限度額は都市銀行の場合は1億円です。

銀行の融資額はどのように決定されるのですか?

銀行の融資額は、
一般的な基準としては次のように決定されます。

 

■購入物件の査定価格の80%以内
     ↓
■年収ごとに決められた返済負担率(年収に占める年間返済額の割合)以内。
※銀行により異なります。
     ↓
■各銀行で決められている融資額の上限以内

 

上記のうちで最も低いものが融資額となります。

 

スポンサーリンク