収入基準に届かない場合は?/収入合算の条件は?

収入基準に届かない場合にはどうしたらよいのでしょうか?@

住宅ローンの申し込みの際、
融資額を決定する大きなポイントとなるのは、
返済能力です。

 

しかしながら、申込時の収入が基準に満たないことから、
希望する金額の住宅ローンが組めないケースもあります。

収入基準に届かない場合にはどうしたらよいのでしょうか?A

そのような場合に対応できるのが「収入合算」になります。

 

ただし、収入合算によって、
借入額を有利にすることはできますが、

 

収入合算者の将来の収入の変化について
よく考えて行う必要があります。

収入合算するには?

収入合算は、申込人の収入に、
同居または同居予定の家族1人の収入を合わせて計算し、
必要とされる収入条件を満たせばよいことになっています。

 

スポンサーリンク

収入合算の条件は?

収入合算の条件は、
金融機関によっても異なりますが、次のようになっています。

 

■フラット35
・申込日現在の年齢が満70歳未満である人
・申込人の配偶者や父母、子供などの直系親族、婚約者、内縁関係にある人
・申込人と融資住宅に同居する人
・連帯債務者となる人

 

※なお、フラット35の場合には、収入合算者の収入額の50%を超える額を合算する場合には、収入合算者についても80歳までに完済するという条件がつきますので、親子で合算する場合には注意してください。

 

■民間融資
・配偶者や実父母、実子などとの合算ができます。

平成19年10月からの収入合算についての改正について

平成19年10月1日以降の申し込みから、
フラット35と財形住宅融資の収入基準の算定方法が変わりました。

 

具体的には、
収入合算者の年収全額まで合算できるようになりました。

 

スポンサーリンク