各金融機関の住宅融資の内容は?

住宅ローンの内容は金融機関によって異なるのですか?

住宅ローンの内容は金融機関によってかなり異なります。

 

例えば、民間融資では、建物に対する条件はなく、
次のようなものによって融資額が決定されます。

 

■住宅の担保価値
■申し込む人の返済能力

 

一方、フラット35では、
住宅が一定の耐久性などの基準を満たすことが求められます。

複数の住宅ローンの組み方は?

住宅ローンでは、わずかな金利差が
総返済額に大きな影響を与えますので、
金利の低いものから順に組んでいくのが原則です。

住宅ローンの最近の動向は?

最近の住宅ローンの動向としては「フラット35」が人気です。

 

フラット35は、住宅金融支援機構の
「住宅ローン債権の証券化事業」
を利用して、
民間の金融機関が長期で低利のローンを行っているものです。

 

特徴としては、
最長35年返済で返済終了まで、
金利が固定されることがあげられます。

 

スポンサーリンク

公的融資の内容は?

公的融資としては次のものがあります。

 

■財形住宅融資
・金利は5年固定金利型なので、5年ごとに金利が変わります。
・財形貯蓄を1年以上継続していて、残高が50万円以上あることが条件になっています。

 

■自治体の融資
・直接資金を融資するだけでなく、金利の一部を負担する利子補給タイプなどもあります。
・その地域に居住していることなど、自治体によって条件は異なります。

民間融資の内容は?

民間融資としては次のものがあります。

 

■銀行
・都市銀行をはじめとして、信託銀行や地方銀行も取り扱っています。
・インターネット上で手続きなどを行うネット銀行もあります。
・キャンペーン金利など工夫を凝らした商品が多くなっています。

 

■フラット35
・住宅金融支援機構による、住宅ローン証券化を活用した長期固定型のローンです。
・民間金融機関などが取り扱っています。

 

■住宅ローン専門会社
・住宅ローンを専門に扱っている、ハウスメーカーやIT関連企業などが出資する会社です。
・フラット35のみを取り扱っているところもあります。

 

■ろうきん(労働金庫)
・低い保証料率、保険料無料で諸費用が軽減できます。
・組合員、個人会員になれば利用可能です。

 

■JA
・各地のJAによって融資内容は異なります。
・組合員または准組合員になることで利用可能です。

 

■信用金庫、信用組合
・利用可能な地域は限定されていますが、個性のある商品も取り扱っています。

 

スポンサーリンク