一戸建て購入の際のポイントは?/建売住宅の場合は?

一戸建て購入の際のポイントはどのようなものですか?@

一戸建てを購入するときには、次のようなポイントを確認するようにします。

 

■優良住宅取得支援制度(フラット35S)の活用
■住宅メーカーのフラット35の検討
■ミックスプランなどの活用

 

以下、具体的にみていきたいと思います。

一戸建て購入の際のポイントはどのようなものですか?A

■優良住宅取得支援制度(フラット35S)の活用
優良住宅取得支援制度(フラット35S)というのは、
省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、免震住宅、耐久性・可変性のうち、

 

いずれか1つ以上の性能基準を満たす住宅であれば、
当初5年間金利が0.3%軽減されるという制度です。

 

この制度を活用することで、
質の高い住宅取得と低金利の優遇を受けることが可能です。

 

ただし、受付は年2回となっていて、

 

第1回の受付の枠を超える場合には、
第1回目の終了予定日(7月31日)より前に受付が締め切られることもありますので、
早めに問い合わせるようにしてください。

 

■住宅メーカーのフラット35の検討
フラット35の利用先としては、住宅メーカーと提携するモーゲージバンクがありますが、
希望する住宅がモーゲージバンクの窓口かどうかは確認してみてください。

 

具体的には、例えば、日本住宅ローンは、
積水ハウス、ダイワハウス、住友林業、セキスイハイム
を経由した申し込みに限定されます。

 

また、旭化成モーゲージなど、
大手建設業者専用のフラット35の提携ローンを活用できるのであれば、
手続きは比較的簡単で相談もしやすいです。

 

■ミックスプランなどの活用
「フラット35パッケージ※」や財形住宅融資とフラット35の組み合わせでは
100%の借り入れも可能です。

 

※フラット35と民間金融機関の固定金利選択型や変動金利型
を組み合わせたものです。

建売住宅の場合はどうですか?

建売住宅の住宅メーカーは、民間金融機関と提携するだけでなく、
モーゲージバンクのフラット35を利用できる場合があります。

 

建売住宅では、住宅は完成していることも多いので、
融資実行時の金利表示をそのまま利用できるケースもあるかと思いますが、

 

住宅建設なら住宅完成後の金利が採用されることになりますので、
金利の動向には注意が必要です。

 

スポンサーリンク