新築マンション購入の際のポイントは?/マンションでフラット35を利用するには?

新築マンションを購入するの際のポイントとは?@

新築マンションを購入するときには、
次のようなポイントを確認するようにします。

 

■フラット35登録マンションで物件探し
あらかじめ、フラット35を利用するために必要な
技術基準に適合している証明を受けたマンション※であれば、
申し込みの手続きが簡素化されます。

 

※フラット35登録マンション

新築マンションを購入するの際のポイントとは?A

■マンション販売業者の提携ローンの活用
モーゲージバンク※やフラット35を取り扱っている
民間金融機関以外の保険会社等では、

 

提携会社用の優遇金利が活用できる場合がありますので、
マンション販売会社に問い合わせてみましょう。

 

※住宅ローンに特化した金融機関です。

 

■ミックスプランなどの活用
「フラット35パッケージ※」や財形住宅融資とフラット35の組み合わせでは
100%の借り入れも可能です。

 

※フラット35と民間金融機関の固定金利選択型や変動金利型を
組み合わせたものです。

新築マンション購入にあたりフラット35を利用するのはなぜですか?

新築マンションの購入にあたっては、
長期の固定金利が利用できるだけでなく、

 

独自の基準によって住宅の質が確保された
フラット35を利用することが資金づくりの基本になるからです。

 

フラット35の長期固定と銀行ローンの
短期固定の低金利を併用すると、

 

当初の毎月返済額を軽減することが可能ですが、
金利上昇のリスクを考えれば、
フラット35を多めにした資金計画が無難といえます。

 

スポンサーリンク

マンションでフラット35を利用するには?

マンションでフラット35を利用するには、
マンションの建物について、

 

断熱・耐久性などの物件検査を受けて交付される
「適合証明」を提出することが必要になります。

 

しかしながら、新築マンションの場合には、
「マンションまるごとフラット35」
といった適合証明書を
あらかじめマンション事業者に一括して交付する仕組みがあります。

 

これでしたら、
個々に借入申込者が取得する必要はありませんので
手続きもスムーズにいきます。

 

ちなみに、この仕組みのマンションの場合には
「フラット35登録マンション」
という表示がされています。

 

なお、フラット35登録マンションのうち、
事業者が施工過程の情報を購入者に提供し、

 

管理規約や長期修繕計画について、
住宅金融支援機構の確認を受けるという
「フラット35登録すまい・るプラスマンション」
というものもあります。

新築マンションを購入する際の情報収集は?

新築マンションを購入する際には、
上記のような物件情報を確認するだけでなく、

 

住宅金融支援機構のホームページにて、業者別・都道府県別に、
販売開始(予定)順、施工(予定)順の情報を入手できますので、
これらの情報についても確認しておきたいものです。

 

ちなみに、新築マンションには、
一般的に銀行等の提携金融機関がありますが、
こうした金融機関の住宅ローンですと相談しやすく借りやすいといえます。

 

スポンサーリンク