住宅ローン控除の選択肢は?/銀行ローンの主な金利タイプは?

税制改正による新しい住宅ローン控除の選択肢とは?@

住宅ローン控除というのは、
マイホームに居住してからの年末の借入金残高に対して、

 

一定の年数の間、
一定の割合の所得税の税額控除が受けられるという制度です。

税制改正による新しい住宅ローン控除の選択肢とは?A

平成19年度の税制改正では、
所得税の減率と同時に住民税の増率が行われましたが、

 

これにより、所得税の低い人は
住宅ローン控除の恩恵を失うケースがでてくるため、

 

10年間に加えて、新たに15年間の住宅ローン控除がつくられ、
従来の控除との選択性となりました。

住宅ローン控除の10年と15年の特徴は?

住宅ローン控除の10年と15年の特徴としては、次のようなものです。

 

■10年間の住宅ローン控除
一般に所得税率が高い人に有利で、ローンの早い時期に大きな控除が受けられます。

 

■15年間の住宅ローン控除
一般に所得税率が低い人にやや有利で、長期間控除が受けられます。

 

いずれにしましても、個々に、借入金残高の推移による
ローン控除額と所得税額を算出しての試算が必要になります。

 

ちなみに、
どちらかを選択した後の変更はできませんので注意してください。

 

スポンサーリンク

銀行ローンの主な金利タイプは?

主に銀行ローンの金利タイプには、次の3つのタイプがあります。

 

■変動金利型
・変動金利型は、返済途中の金融情勢によって金利が変わります。

 

・変動金利型には、上限金利設定型や、変動金利と固定金利の組み合わせ型など、
銀行によって様々なタイプが設けられています。

 

■固定金利型
・固定金利型は、借りたときの金利が最後まで変わりません。

 

■固定金利選択型
・固定金利選択型は、2〜10年程度の一定期間内は固定金利で、その期間が
終了した時点で、固定金利選択型か変動金利型かを選択します。

今後、選択したい金利タイプは?

これまでは、
金利の低い短期の固定金利選択型が人気でしたが、

 

今後の金利の上昇を考慮しますと、固定金利期間が終了したときには、
大幅な金利アップが予想されます。

 

なので、固定金利選択型を活用するのであれば、
長期固定など安定したローンとの組み合わせが望ましいと思われます。

 

スポンサーリンク