預金連動型ローンとは?

預金連動型ローンとはどのようなローンなのですか?@

預金連動型ローンというのは、
住宅ローンを利用している金融機関の口座にある預金残高の分については、
利息が軽減されるというものです。

 

これには、ローン利息をキャッシュバックするタイプと、
預金残高分だけ金利がゼロになるタイプがあります。

預金連動型ローンとはどのようなローンなのですか?A

この預金連動型ローンは、次のような人が利用すると便利です。

 

■預金はあるけれど、将来使う予定があるので繰上返済はしたくない。

 

■毎月貯蓄はできるのだけれど、できれば手元に置いておきたい。

預金連動型ローンにはどのようなメリットがありますか?

預金連動型ローンには、次のようなメリットがあります。

 

●預金残高分のローン金利がゼロになるので、
預金を手元に残しながら繰上返済をしたのと同じ効果があります。

 

また、預金部分は普通預金なので、自由に引き出すことができ、
将来の教育費や生活費の増大の際にも安心です。

 

●普通預金の残高部分について、
実質的にローン金利+ローン減税分の金利で運用できたことになり、
資産運用としてのメリットがあります。

 

また、保証料がかからないので、経費の軽減にもなります。

 

●繰上返済をすると住宅ローン残高が減少しますので、
住宅ローン控除額も減ることになるのですが、

 

預金連動型ローンを利用すると、住宅ローン残高は減りませんので、
繰上返済と同じ効果を受けつつ、減税の効果も受けることができます。

 

●預金連動型ローンを利用すると、繰上返済と同じ効果を受けながら、
団体信用生命保険のメリットを最大限に受けられます。

 

また、ローンの契約者に万が一のことがあったとしても、
預金部分はそのまま家族に残すことができます。

 

スポンサーリンク