有利なのは固定金利?変動金利?

変動金利と固定金利ではどちらが有利なのでしょうか?@

変動金利と固定金利を選ぶ際の重要なポイントとしては、
今後のライフプランの変化や金利情勢などがあります。

 

一般的には、
金利の上昇局面では固定金利型が有利で、
金利の下降局面では変動金利型が有利であると言われています。

変動金利と固定金利ではどちらが有利なのでしょうか?A

とはいえ、これらは、今後の金利変動のペースや、
当初の金利水準によっも異なりますので、一概には言えません。

 

ちなみに、
今後の金利情勢から金利タイプを選択する場合には、

 

変動金利と固定金利の
だいたいの損益分岐点を把握しておくとよいと思われます。

今後のライフプランの変化から見て有利なのは?

今後のライフプランの変化から見た場合には、
次のような点に注意して金利を選択したいものです。

 

■共働き夫婦の場合は、配偶者が退職したとしても
返済ができるようにしておく。

 

■これから子供を作る予定の場合は、小学校に入学するまでの期間は
金利変動を避けるようにする。

 

■教育費がかさむ高校入学から大学入学までの期間は、
金利変動を避けるようにする。

 

■返済が退職後にも及ぶ場合には、その時期の返済負担は
軽くなるようにする。

 

ちなみに、住宅ローンを組んだ後、
ある程度短期間で収入が増えるのが確実であるとか、
教育費の負担が減るという場合には、

 

変動金利型が当初金利が低くて返済額が少ないので
有効かと思われます。

 

スポンサーリンク