変動金利と固定金利の選び方は?

変動金利と固定金利を選択する際のポイントは?@

変動金利と固定金利を選択する際のポイントとしては、
今後のライフイベントに合わせることや、

 

今後の金利情勢と金融機関の優遇金利との
兼ね合いなどが考えられます。

変動金利と固定金利を選択する際のポイントは?A

特に、今後の金利を予測する上では、
銀行の長期ものの金利は一つの目安になりますので、
日頃からチェックしておきたいものです。

今後のライフイベントで変動金利と固定金利を選択するとは?

今後必要な資金というのは、ライフイベントによって変わってきます。

 

たとえば、子供が生まれたとき、
子供が幼稚園に入園、高校、大学に入学するときや、
車を買い換えるときには、ある程度の出費がかさみます。

 

このような資金が必要になる時期には、
固定金利を選択しておくなど、
ライフイベントに合わせた住宅ローン返済の資金計画を立てることが大切です。

 

また、子供が公立の小・中学校に通っているときには、
比較的費用がかからない時期ですから、
余裕資金を繰上返済に回すということを検討してみてもよいかもしれません。

 

こうした、ライフイベントのキャッシュフローと住宅ローンの返済を結びつけ、
その時々に合わせた金利タイプを選択していくことがポイントになります。

 

スポンサーリンク

前述の〜兼ね合いによって、変動金利と固定金利を選択するとは?

今後の金利情勢と金融機関の優遇金利との兼ね合いによって、
変動金利と固定金利を選択するとはどういうことかということですよね。

 

今後の金利情勢というのは、実は判断が最も難しいところです。

 

しかしながら、ゼロ金利解除後は、
変動金利の判断基準になる短期プライムレートが1.675%と上昇していて、
短期固定金利についても金利が上昇し始めています。

 

今後の金利情勢を考えると、金利はさらに上昇する可能性が高く、
その場合には固定金利が有利となります。

 

とはいえ、最近は、一定期間金利を固定する商品や、
変動金利ともに金利の優遇をする金融機関もありますので、

 

もし優遇金利幅が金利上昇ペースを上回っているのであれば、
変動金利と固定金利選択型が有利なこともあります。

 

よって、色々とシミュレーションしてみるのがよいと思われます。

 

スポンサーリンク