住宅ローン金利の先行きの予想方法は?

住宅ローン金利の先行きの判断方法は?@

住宅ローンの金利というのは、
短期金利については、主として短期プライムレート、
長期金利については10年もの国債の流通利回りを参考に決定されます。

 

なので、住宅ローンの金利の先行きを判断する際には、
物価動向や経済指標をチェックしておくことが重要になります。

住宅ローン金利の先行きの判断方法は?A

これらは、新聞やテレビ、インターネットなどでも
簡単に入手できますので、
普段から参考にしておきたいものです。

 

ただし、経済指標というのは、
あくまでもおおよその金利動向の判断基準にはなるものの、
実際の経済は理論どおりには動きませんので、

 

様々なリスクに備えるためにも、
予想だけに頼った商品選びは避けたいものです。

住宅ローン金利の先行きを判断するための具体的なポイントは?

住宅ローン金利の先行きを判断するための
具体的なポイントとしては、以下のようなものがあります。

 

■日本の景気動向
景気が回復し、企業の設備投資が活発になってくると、
市場の資金需要が高まるので金利は上昇します。

 

この景気の回復については、
日銀が発表する日銀短観、GDP、鉱工業生産などの指標で
おおよそ判断することができます。

 

また、日本の景気先行感に期待が高まると、
海外の投資家が日本株を買い始めるので、
株価の動向にも注意したいところです。

 

■物価見通し
一般的に、物価が上昇すると金利も上昇します。

 

これは、物価の上昇時には物の価値が相対的に上がり、
貨幣の価値が目減りするためです。

 

この物価の見通しを判断する材料としては、
総務省が毎月発表している「消費者物価指数」が参考になります。

 

■金融政策
一般的な金融政策では、景気の拡大場面では、
インフレを抑制するために金利の引き上げ(金融の引き締め)を行います。

 

反対に、景気の下降場面では、
市場の流通資金を潤沢にして景気回復を図ろうとするために
金利の引き下げ(金融の緩和)を行います。

 

これらのことから、景気動向や物価見通しにより、
今後の金利政策もある程度判断できるということがわかります。

 

スポンサーリンク