利用者の多い金利タイプと期間は?

利用者の多い金利タイプや返済期間はどのようになっていますか?@

金利タイプや返済期間というのは、
個々のライフプランやキャッシュフローによって異なるものですが、
公庫利用者アンケートなどを見ますと、

 

次のように金利上昇リスクを抑えた
長期のタイプに集中している傾向があるようです。

利用者の多い金利タイプや返済期間はどのようになっていますか?A

■住宅ローン利用予定者の約7割が全期間固定タイプを希望している。

 

■住宅ローン利用予定者の約7割が固定金利と変動金利の併用を検討している。

 

■住宅ローンの返済期間は、住宅ローン利用予定者の約6割が20年〜35年以内
を希望している。

 

これらの理由としては、
日銀の量的緩和政策解除を受けて、
約8割の人が3年後までに金利が上昇すると考えているなど、
金利上昇に対する不安が大きいことがあげられます。

 

ちなみに、変動金利を希望している人についても、
約7割の人が金利上昇時には、
繰上返済や借換えなどをして総返済額減らすなど、
何らかの金利上昇についての対策を考えているようです。

頭金なしで住宅ローンを組む状況はどうなっていますか?

最近では、
以前のように、頭金なしでも住宅ローンを組む
という人は減少しているようです。

 

この大きな理由としては、
金利上昇だけでなく、
生活費や教育費の支出の増加や、

 

減給やリストラなどの収入の減少に不安を抱いている人が多い
ということが背景としてあるようです。

 

スポンサーリンク